クラウド型グループウェア活用セミナー~脱Lotus Notes 成功事例のご紹介! ~

地区 東京 
日時 2019年02月21日木曜日 15:00-17:35 (受付14:30~)
会場 サイボウズ株式会社東京オフィス
キーワード クラウド
内容

20190221cloud.jpg

IBMは、NotesDominoを含むエンタープライズ向けソフトをインドのIT企業HCL Technologies18億ドルで売却すると発表しました。1990年代グループウェア普及期に時代を牽引したLotusNotes/Domino(以下Notes)ですが、この発表によりNotesを利用している多くの企業が別システムへの検討を始めています。

そこで、今回Lotus Notesをご利用中のお客様を対象に、お客様のデジタルトランスフォーメーション、業務改革を実現させるためにはどのようなポイントを押さえたらよいか、また移行方法を実際の事例も併せて詳しくご紹介するセミナーを開催いたします。

グループウェアをクラウドへ移行するメリットも詳しくご紹介させていただきます。この機会に是非ご参加ください。

このような方へおすすめ!
・Lotus Notesを活用しているが、このまま使い続けていいかどうか不安
・働き方改革を推進したいが、Lotus Notesが課題となっている
・オンプレミスのグループウェアを利用しているが、コストや運用管理面から、クラウドサービスも検討したい
・他社のグループウェア活用事例が気になる

プログラム

15:00-15:05

ご挨拶

15:05-15:45 Session1

グループウェアの最新市場動向と脱Notesのポイント

グループウェアの導入目的やトレンドの変遷、NotesGaroonの比較や移行方法、移行プロジェクトの進め方などを解説します。また、パッケージ版Garoonとクラウド版Garoonで、最も大きな違いはインフラの運用コスト削減にあります。クラウド版にすることによる運用メリットだけでなく、デメリットもきちんと解説します。

15:45-16:15 Session2

脱Notes、 kintone使うとどうなるの?

メールやスケジューラへの移行先は理解しやすいですが、Notes DBの移行先はどうするのか悩みは尽きません。よくあるNotesDBをkintoneにどこまで移行できるのか?いくつかのDBを題材にkintoneアプリのカスタマイズ事例をご紹介します。

16:15-16:25

休憩

16:25-16:55 Session3

"脱Notes"このタイミングだからこそ行うべきセキュリティとは?

~クラウド時代のID管理の課題をIDaaSで解決~

"脱Notes"を検討する企業が増加しつつありますがセキュリティ強化を同時に検討することは必須要件です。今回は"脱Notes"と同時に行うことでID管理の運用負荷軽減、認証強化、そして利便性の向上が可能なソリューションをご紹介します。

16:55-17:35 Session4

Lotus Notesからの移行事例ご紹介

代表的なグループウェア"Notes"を利用していたJBCCが、最新のグループウェアに移行し、従業員の働き方やモチベーションがどう変わったか、自社やお客様の具体的なLotus Notesからの移行事例をご紹介します。

*参加費:無料

*講師及び講演内容は都合により変更になる場合がありますので予めご了承下さい。

*定員に達し次第締め切りとさせていただきます。
*ご同業の企業様のお申込みは締め切り前であってもお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。

定員 35名
主催
  • JBCC株式会社(JBCC)
共催
  • サイボウズ株式会社
お問い合わせ