JBソフトウェア

JBグループならではのソリューションを開発

ハードウェア、ソフトウェアの開発技術を結集し、JBグループ独自のソリューションを開発・提供しています。お客様からの”声”を反映して機能強化・改善を続け、お客様と共に、ニーズにあった製品やサービスを提供。クラウドをベースに、IoTやAI、ロボット等の先進技術にも取り組む他、日々の業務の効率化や自動化を支援するソリューションで、ワークスタイルの変革につながる提案も行っています。

多種多様なデータを “つなぎ”、価値あるサービスを提供

データ活用クラウド基盤「Qanat Universe(カナート ユニバース)」は、IoTや基幹システム、監視ログデータ等、様々なデータを融合して、“見たい”・“使いたい” 形に加工、分析を可能に。さらに別システムへの連携も実現します。

多種多様なデータを “つなぎ”、価値あるサービスを提供「Qanat Universe」

 企業のデータを “ピタ!” っとメンテナンス。簡単RPA*を実現

クラウドサービス「デジピタ!」は、営業活動で発生したデータの整備手順を記録して、作業の自動化を実現。外部システムと連携し、データを広く活用できます。

*RPA(Robotic Process Automation)とは?:ロボット等の技術を活用し、定型業務を自動化・効率化する取り組み

 企業のデータを “ピタ!” っとメンテナンス。簡単RPAを実現「デジピタ」

先進技術研究所の取り組み

先進技術研究所では、今までの経験に、新たな技術を取り込み「気づき」を具現化することに取り組んでいます。近年は、クラウドをベースにIoT、AI(人工知能)、ロボット等も研究テーマとして取り組み、ビジネスへの活用の検討も進めています。先進技術研究所の研究室

また、外部の技術コミュニティ、コンソーシアム等に継続的に参加して最新技術への知見を深めると共に、グループ内でも情報交換の場やコミュニティを立ち上げ、技術情報の発信と共有を実践しています。単独では難しい技術検証も、チームでアイデアを出し合って取り組むことで、技術者間のコミュニケーションを活性化し、将来の技術リーダーとなる人材の育成と、グループ全体の技術力向上に努めています。

● 技術コミュニティ「PEGG」
OSS(オープンソースソフトウェア)をはじめ、新しいテクノロジーをビジネスに活用することを、技術者が自発的にコミュニティを作って活動しています。2017年度はグループ各社より約150名が参加しました。

● 技術者情報連絡会
最新技術動向の共有と、技術者間のコミュニケーションを目的に開催しています。

JBグループ OSSコミュニティ

 トピックス

【導入事例】毎日の賃貸物件データ加工作業の自動化で作業時間を94%削減! / 株式会社ジェイエーアメニティーハウス様(2018年8月17日)

信頼と実績のJAグループ神奈川の賃貸管理事業を担う株式会社ジェイエーアメニティーハウス様。JBATの「デジピタ!」活用で、毎日1時間半かかっていたデータ加工作業を5分に短縮されました!
詳細はJBATサイトをご覧ください。
→ https://www.jbat.co.jp/topics/degipita_jirei.html/

jbsw_18_03.jpg

Phone Appli、オフィス「CaMP」の空間最適化でJBATと協業 IoTを活用して環境の見える化を実現(2018年7月30日)

JBATは、Phone Appliと共同で、IoTを活用したオフィス空間の最適化に取り組むことを発表しました。センサー等のIoTデバイスを活用し、JBATが提供するデータ・コネクテッド・サービス・プラットフォーム(DCSP)「Qanat Universe」を利用して、照度、室温、湿度、二酸化炭素濃度等の環境データを、Phone Appliの「連絡とれるくん」と連携して社員の位置や動きを見える化し、快適で働きやすいオフィス空間の実現を目指します。

詳細はJBATサイトをご覧ください。
https://www.jbat.co.jp/topics/20180730.html/

クラウドで簡単RPA データのメンテナンス作業を自動化する、JBATの「デジピタ!」(2018年3月13日)

JBATは、日々の営業活動で発生するデータの整備作業を自動化するクラウドサービス「デジピタ!」の提供開始を発表しました。営業活動で得た名刺、セミナーやイベントの申し込み情報、Webサイトから入力された個人情報など、点在する多様な表記ゆれのあるデータの名寄せやクレンジングなどの整備作業を手軽に実現、自動化するクラウドサービスです。従来、手作業でExcelなどを利用して行っていたデータの整備作業を、自動化し、人的ミスを一掃することが可能です。

詳細はJBATサイトをご覧ください。
https://www.jbat.co.jp/topics/2018013.html/

クラウド/オンプレミスのデータをコクヨの帳票配信サービス「@Tovas」と連携 「Qanat 2.0 @Tovasアダプター」を発表 (2017年8月18日)

JBATは、開発・販売するデータ連携ソリューション「Qanat 2.0(カナート)」を活用し、コクヨ株式会社の企業間帳票配信クラウドサービス「@Tovas(アットトバス)」とのデータ連携を可能にする「Qanat 2.0 @Tovasアダプター」を9月1日より提供することを発表しました。

詳細はJBATサイトをご覧ください。
→ https://www.jbat.co.jp/topics/20170823.html/

 

btn_201407.png