セキュリティ

お客様の安全・安心なシステム運用を支援

クラウドやモバイルの活用が進み、企業のシステム運用や働き方の利便性が高まる一方、セキュリティの領域は広がり、求められる対策も多様化しています。

JBグループでは、24時間365日体制でお客様のIT環境を監視すると共に、セキュリティ技術の強化にも取り組み、クラウドも、オンプレミスも、お客様の安全・安心なシステム運用を支援します。

統合セキュリティ運用サービス「OPTi Secure」

企業の情報資産を狙い、高度化するサイバー攻撃に対し、「OPTi Secure」の総称のもと、セキュリティの運用サービスを提供しています。お客様それぞれの要望に応じて最適なサービスを組み合わせ、安全なシステム運営と企業の事業継続を支援します。

統合セキュリティ運用サービス「OPTi Secure」

※米NIST(国立標準技術研究所)のセキュリティ標準をベースにした5 ステップに基づいたサービスを提供します。

ブランドロゴについて
「OPTi Secure」の頭文字「O」と「S」をつなぎ、「盾」と「地球(サイバー空間)」を表したデザインで、サイバーセキュリティを表現しています。

「OPTi Secure」の詳細はJBサービスサイトをご覧ください。→https://www.jbsvc.co.jp/products/optisecure/optisecure/optisecure.html

 

 運用センター SMAC(Solution Management and Access Center)

SMACは、お客様のITインフラを24時間365日体制で支援する運用センターです。SMACから各種サービスを一元的に提供することで、複雑なシステム運用の負荷軽減や人材不足の解消、情報セキュリティの維持管理などの課題を解決しています。万一のトラブルが発生した場合には、SMACと全国のサービス拠点が連携し、ITシステムの障害回復支援や保守サービスを行う体制を整えています。2015年4月より東京、名古屋のSMACにSOC(Security Operation Center)機能を新たに追加し、近年その手口が高度化する標的型攻撃への対応や、マルウェアの分析等、セキュリティ技術を強化し、クラウド環境を利用した各種セキュリティ対策ソリューションを拡充しています。

<サービスメニュー>

● セキュリティ運用サービス(サイバー攻撃に対応する各種サービス)
● IoT運用サービス(太陽光発電設備や3Dプリンター等、IoTを活用した運用支援)
● ITインフラ運用サービス(ネットワーク、サーバー、ハウジング、ホスティング等)
● ヘルプデスクサービス
● コールセンターサービス

sec_17_03.png

2つの国際規約の認証を取得し、ITIL 準拠の高品質なサービス提供と情報セキュリティレベルの維持・向上に取り組んでいます。このような高品質なIT 運用と情報セキュリティを兼ね備えた体制を東京・名古屋2箇所のSMAC で二重化し、災害時等でもお客様の事業継続を支援します。

[認証取得] SMAC 東京/名古屋

認証取得

「SMAC」の詳細はJBサービスサイトをご覧ください。→ https://www.jbsvc.co.jp/products/it/smac/smac.html

[関連サイト]

[動画] IoT時代のセキュリティを支えるSMAC(4分15秒)

→ [プロジェクトメンバー] JBサービス株式会社 SMAC

トピックス

JBサービス 「SECURITY ACTION」 賛同と支援サービス提供について(2018年7月18日)

セキュリティアクションロゴ独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は2018年3月1日より、中小企業自らが、情報セキュリティ対策に取り組むことを宣言する「SECURITY ACTION 自己宣言」の受付を開始しました。JBサービスは本活動に賛同し、中小企業の情報セキュリティ対策普及の加速化に向けた支援サービスを発表しました。

詳細はJBサービスサイトをご覧ください。
https://www.jbsvc.co.jp/news/security_action.html

NTTアドバンステクノロジとJBサービス FFRI yaraiの保守サービスにおいて協業を開始(2018年3月14日)

NTTアドバンステクノロジとJBサービスは、エンドポイント型標的型攻撃対策ソフトウェアFFRI yaraiの保守サービスにおいて協業することを発表しました。

詳細はJBサービスサイトをご覧ください。
https://www.jbsvc.co.jp/news/nttat_yarai20180314.html

JBサービスが、パロアルトネットワークス「Traps™」CPSP認定を取得 ~ 日本で初の認定 ~(2017年11月13日)

JBサービスは、次世代セキュリティソリューションを提供するPalo Alto Networksより、同社の次世代エンドポイントセキュリティ「Traps」に関する、日本で初となるプロフェッショナルサービスプロバイダーの認定(CPSP:Certified Professional Service Provider)を取得しました。

詳細はJBサービスサイトをご覧ください。
https://www.jbsvc.co.jp/news/trapscpsp.html

JBサービスとNRAが認証機能強化で協業 リモートアクセスやWebの認証を強化する「どこでもつなゲート」を月額でリリース(2017年7月25日)

JBサービスとNRAは、JBグループが「OPTi Secure」で提供するセキュリティ運用サービスに、NRA-PKIクライアント証明書を組み込み、働き方改革に最適なソリューション「OPTi Secure:どこでもつなゲート」を7月25日より提供することを発表しました。

詳細はJBサービスサイトをご覧ください。
https://www.jbsvc.co.jp/news/20170725.html

 リモートアクセスやWebの認証を強化「どこでもつなゲート」

沖縄国際情報通信基盤を活用したデータセンターサービス「OCH POWER」のセキュリティ強化 沖縄クロス・ヘッドとセキュリティサービスで協業(2017年5月26日)

JBサービスと沖縄クロス・ヘッド株式会社は、沖縄県の国際情報通信基盤を活用したデータセンターサービスに、JBグループのサイバーセキュリティ対策サービス「OPTi Secure」を取り入れ、6月より国内およびアジア地域に対しサービス提供することを発表しました。

詳細はJBサービスサイトをご覧ください。
https://www.jbsvc.co.jp/news/20170526.html

デジタルガーディアンとJBサービス、JBCCが協業 「OPTi Secure」に、企業の知財情報を守るセキュリティサービスを追加(2017年5月9日)

JBサービス、JBCCと、データ・プロテクション・プラットフォーム「Digital Guardian」を提供するデジタルガーディアン株式会社は、協業し、「OPTi Secure データプロテクションサービス」を6月1日より提供することを発表しました。

詳細はJBサービスサイトをご覧ください。
https://www.jbsvc.co.jp/news/20170509.html

JBサービス、セキュリティ運用サービス提供でチェック・ポイントと協業 国内初、エンドポイント セキュリティ「SandBlast Agent」の運用サービスを提供(2017年4月10日)

JBサービスは、ゲートウェイからエンドポイントまで、包括的なセキュリティ製品を提供するチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社と協業し、JBグループのサイバーセキュリティ対策の総合ブランド「OPTi Secure」において、チェック・ポイント製品を活用した運用サービスを提供することを発表しました。

詳細はJBサービスサイトをご覧ください。
https://www.jbsvc.co.jp/news/20170410.html

 

btn_201407.png