Link237
4/32

04vol.237 Winter 2019聖路加国際大学大学院看護学研究科教授専門は保健医療社会学、看護情報学。ヘルスリテラシー(健康を決める力)や意思決定支援にまつわるテーマを研究している。ヘルスリテラシーに関する講演・コラム執筆等多数。著書に『新・生き方としての健康科学』(分担執筆・有信堂高文社)『ヘルスリテラシー :健康教育の新しいキーワード』(分担執筆・大修館書店)などがある。中山 和弘(なかやま・かずひろ)PROFILEImage=Getty Images池田真理=撮影Photographs by Mari Ikeda聖路加国際大学看護学研究科教授中山 和弘=文Kazuhiro Nakayama特 集日頃から健康に気をつかっていない人でも、それが企業の業績や人生全体の幸福度に大きく影響すると知ったら、果たして無関心なままでいられるだろうか。「健康を決める力」であるヘルスリテラシーを高めることは、今後日本における重要な課題となりうる。人生の幸福度を高めるために欠かせないヘルスリテラシーについて考えてみよう。ヘルスリテラシーの高め方「健康を決める力」で幸せになるTRANSFORMATION BY HEALTH LITERACY

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る